スローライフでありたい

健康、ダイエット、車、美味しいもの、旅行、ハワイのお題です

セントジョーンズワートは食欲をおとす作用はあるのか?

セントジョーンズワートが食欲を抑制する可能性はあります。

このハーブはセロトニンを増やし、気分を安定させる作用がありますが、セトロニンは食欲抑制作用も持ち合わせます。

DHCからセントジョーンズワートが販売されてますね。

気分を安定させる作用を期待するのが本筋なのですが、食欲を抑制しダイエットにも効果が期待できるかもしれません。

 

食欲の秋!

その理由のひとつに、日照時間が減り秋の夜長・・なんですが、セトロニンは日光を浴びると分泌され、夜になると下がります。

その理由から、夜が長くなりセトロニンが減少していますから食欲増進!となるようです。

 

朝起きたら、日光を浴びる!

これ、セトロニンを増やし、その日のコンディションを整えるのにいいですね。

また、朝に日光を浴びると、メラトニンがコントロールでき、睡眠の質も上がりますから、朝起きたらカーテンあけ、日光を浴びるようにしたいものです。

 

以上から気分を安定させ食欲も抑える可能性もありますね

 

このサプリを食べる時間ですが、「朝」が適しています。

「夜」に食べセロトニンが増えると不眠になる可能性もありますから注意しましょう。

 

ただし、 飲み合わせで注意が必要なことがたくさんあります。

以下に併用注意薬の例を列挙します。これ以外にも注意が必要な薬があります。不安な場合は医師、薬剤師に相談しましょう。

  • 抗うつ剤
  • 経口避妊薬
  • シクロスポリン(移植臓器に対する身体の拒絶反応を防ぐ)
  • ジゴキシン(心臓病薬)
  • インジナビルおよび、可能性としてその他のHIV感染症治療薬
  • イリノテカンおよび、可能性としてその他の抗がん剤
  • 抗てんかん薬(フェニトイン、フェノバルビタールなど)
  • ワルファリンおよび類縁の抗凝固剤

 

DHC セントジョーンズワート 30日分

DHC セントジョーンズワート 30日分