スローライフでありたい

健康、ダイエット、車、美味しいもの、旅行、ハワイのお題です

脱ランフラットの感覚は許容範囲か・・中間報告

脱ランフラットして120㎞走りました。

一般的にはノーマルタイヤの場合、慣らしに100㎞は必要と言われているみたいなので、100㎞までは、ごくおとなしく走っていました。

タイヤを換えた直後に問題なし・・と書いていましたが、その後が、後悔!!の思い駆られること・・度々・・。

しかし、70㎞を超えたころから、「あら?これもいいかも・・」と思い始めたんですね。

それまでは、

1)ハンドルが軽すぎる

2)まっすぐに走っていてもタイヤがグリップしている感じがない

3)走っていてどっしり感がない

4)ハンドルきっても一歩遅れて曲がる、曲がった後のハンドルがちゃんと戻らない

5)アンダーステアが強く感じられ、いつものカーブでもハンドル切る量が増えている

6)ハンドルに遊びがでてる?と思えた

と、感じており、はっきり言って、失敗だ~・・元に戻そう・・と考えていたんですね。

 

しかし、100㎞を超えたところ、

1)ハンドルが重くなってきた・・以前と同じレベルに近いが、それでもちょい軽め

2)まっすぐに走って安定、グリップ感がでている

3)どっしり感もでてきた

4)柔らかく曲がるものの、ハンドル操作から遅れて曲がる感覚はなくなった

ランフラットの場合、ロールはするものの、タイヤのサイドがガチッとしていて、ハンドルきると、カン!と音はでませんが、スパッと曲がりますね、でも、ノーマルタイヤの場合、銘柄にもよると思いますが、スパッと曲がりはしますが、柔らかさがあるんです。決してハンドル操作から遅れることはないです。

あと、曲がった後のハンドルの戻りも素直に戻るようになりました。

5)アンダーステア傾向がなくなり、きり足しもなくなった

6)ハンドルの遊びは感じれれない

 

決して、軽すぎて、まっすぐに走るのにもハンドルのセンターが安定せず、ゆるゆるして疲れるってことはないですね。

 

許容範囲と思えます。

 

乗り心地はかなりいいです。

ドン、ガツ!なんてないです、ポコッです。(このために脱ランフラットを決意したわけですけど・・)

といった感覚で問題なしに思えます。

今後、もう少し走り込み評価したいと思います。

そのときに、

「脱ランフラットやっていい人、ダメな人」といったお題で記事を書こうと思います。

さて、自分はどっち?の結果も正直に書きたく思います。

ダメな人・・だったら春にはランフラットに戻します。

tt8jf30.hatenablog.com