スローライフでありたい

健康、ダイエット、車、美味しいもの、旅行、ハワイのお題です

更年期障害 ちょっと内気でいつも考えごとして疲れちゃう人への漢方は・・

虚弱体質でイライラ・・加味逍遥散(かみしょうようさん)

元気なんだけどイライラ・・桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

といった感じなんですが、

内気ぎみで、いつも取り越し苦労してるよと言われる方、でも、頭痛、めまい、肩こりで辛い、そんな場合は、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)が合うかもしれません。

 

入っている生薬は、

トウキ、シャクヤク、センキュウ・・血をめぐらせる

ソウジュツ(ビャクジュツ)、ブクリョウ、タクシャ・・水の調節

 

漢方でいう血とは、2つのタイプ

瘀血(おけつ)・・血の流れが滞った状態

(例えばガードルなんかで締め付けていたり)

血虚(けっきょ)・・血が不足した場合

(例えば月経によって失われますから)

そういった意味では血をめぐらせる効果はいいわけですね。

 

水の調節とはいわゆる水毒の解消です。

体の中に水がたまった状態で、雨の日の頭痛も水毒、他、お肌のトラブル、ある意味、二日酔いも水毒と言えます。

 

このよううに当帰芍薬散は滞った血を巡らせる、水毒を解消するといった効果が期待でき、なんか内気ぎみで、苦労してるな~・・それで肩こり、頭痛、めまいで辛いといった方に合うかもしれません。

お試ししてみてもいいかもしれません。

 

【第2類医薬品】クラシエ当帰芍薬散錠 180錠

【第2類医薬品】クラシエ当帰芍薬散錠 180錠

 

 

 

tt8jf30.hatenablog.com