スローライフでありたい

健康、ダイエット、車、美味しいもの、旅行、ハワイのお題です

ホイールって軽すぎず、重すぎずがちょうどいいのではないだろうか

まず、ロードバイク(自転車)での経験から・・

前後で1450g程度のホイールと1850g程度のホイール、その差はたった400g。

言えることは、軽いほうが発進時の足への負担が少なく加速しやすい。

こぎ出しが軽いんですよ。

それに、上りが楽です、足への負担が少ない。

一方、平坦路で巡行する場合、風の影響がないなら、重いホイールのほうが、疲れないイメージがあります。重いほうが、足を止めもスピードの減速が少ないような気がします。

ただ、これは、一概に巡行するなら重いほうがいいとは言い難いですね。

風の影響と書きましたが、空力のほうが、大きく影響するからです。

それに、減速して元のスピードに戻すには、軽いホイールのほうが楽です。

 

なので、難しいところがあります。

 

そこで、車で考えてみたのですが、軽いホイールと重いホイールの違い。

前車のAudi TTのときに経験しています。

純正は重すぎず、軽すぎずで、ホイール単体1本12.7㎏ありました(タイヤサイズは18インチ245/40)

ここで重すぎず、軽すぎずと書いたのは、ディーラーに重量は?と聞いたときにかえってきた返答なのです。(正確な重量は把握していなかったようですけど・・)

 

それで、あるとき軽いホイールの換えたらどうなんだろう?と思い、国産の軽量ホイールに換えてみたんです。ホイール単体で1本8.5㎏です。(純正と同サイズです)

その差は、1本ほぼ4㎏です。

因みにタイヤは、ポテンザS001(非ランフラット)で溝もけっこうあったので、そのままはめ換えました。

 

印象として、乗り心地はさほど変化は感じませんでしたが、轍にステアリングをとられやすい、ロードノイズが大きくなったのがネガです。ただ、街乗り燃費が1km近くよくなりました。それと、本当に感覚的なところですが、アクセル踏んで最初のひと転がりが軽くなったイメージでした。

 

ただし、高速道路での燃費は全く変化がないとは言い切れず、まあ、誤差みたいなものですが、少し悪くなりました。

 

どうなんでしょう?

 

キビキビと走りたいなら軽量がいいでしょう。

 

ただ、オールラウンドな性能(乗り心地、燃費、軽快さ、ノイズなど)を求めるなら、やはり純正の重さ・・「軽すぎず、重すぎず」がいいような気がしています。

 

ライトウエイトな車は純正でも軽いホイールなんだと思います。

一方、重量級の車両は重いホイールですよね・・

40扁平でも、重けりゃ乗り心地いいですよね。(クラウンなんか、そんな感じですか??)

 

とりとめもない考えですが、ホイールも、サーキット走るから!なら軽量一択なんでしょうけど、そうでないなら、純正がバランスいいんでしょうかね・・